あの子みたいなツルツル美肌|欲しい素肌はエステで手に入れる

横顔

手間も省けて肌もキレイに

背中

過去に人気のあった永久脱毛の歴史

永久脱毛で過去人気があったのは、ニードル脱毛と呼ばれるもので、1つ1つの毛穴に専用の針を刺し、そこに高周波などを流すことで毛根を焼き切っていました。 確実な効果があるとはいえ、実際施術を受けるときには針を刺すわけですから、相当な痛みが伴うのを覚悟しなければならなかったのです。 しかも、いくらプロが対応するといっても、毛を1本ずつ脱毛していると、それなりの時間もかかってしまいますし、技術料として設定されている料金も高かったのです。 そのため利用者は痛み、時間、料金のすべてを納得したうえで、受ける必要がありました。

近年の永久脱毛の動向や今後の予測

痛みが強く時間もかかる過去の永久脱毛は、技術の進歩により利用者が気軽に受けられるまでに変化しています。 針を刺す方法から、専用の医療レーザーを照射することで、毛根に作用させていく方法に変わってきているのです。 これは強力なレーザーではあるのですが、施術の際に感じる痛みは確実に抑えられるようになりました。 また、針を刺すことで肌トラブルも起きやすかった過去の脱毛法に対し、施術後には多少の赤みが出るものの、適切なアフターケアを施していれば症状は治まるようになっています。 1度の照射面積が広範囲で時間も格段に少なくなりましたし、施設によっては、さらに高性能な脱毛マシンを導入することで痛みの少ない施術を提供する場所も増えています。 今後の予測としては、この傾向が続き、いつかは痛みが一切ない永久脱毛が可能になるのではないでしょうか。